COMPANY

夢のコーヒー農園 マウカメドウズ物語

夢にまで見たコナに、ハワイ島最大のコーヒー農園を。

火山

1820年代後半、コナで初めてコーヒーが栽培されてから180年余り。世界中の、コーヒーに携わる者なら誰しもが一度は夢を描き憧れるこの“選ばれた地”にドトールが農園を開設したのは、1991年のことでした。この素晴らしい環境に、そしてここで生まれるコーヒーの味にすっかり魅了されてしまった私たちは、その4年後の’95年には、隣接する農園も取得。それぞれ、先の海側を「マウカメドウズ・オーシャン」、新しい山側の方を「マウカメドウズ・マウンテン」と名付けました。両方を合わせると、およそ東京ドーム16個分に当たる、ハワイ島最大の広大なコーヒー・プランテーションの誕生です。

いつの日にか、憧れの地ハワイ島に自家農園を・・・・・・。

その夢は、この物語の“主人公”である「マウカメドウズ」という名のコーヒー農園で、現実のものとなったのです。

それでは皆様を、農園へとご案内いたしましょう。