おうちでのおいしいコーヒーのいれ方

"おうちでおいしいコーヒーをいれる"…
「ちょっと難しそう」と思っていませんか?

『基本』を守りポイントを押さえれば、驚くほど簡単に
おいしいコーヒーがいれられます。
さあ、気軽にコーヒーを楽しみましょう。

簡単!アイスコーヒー編

ペーパードリップ<メリタの場合>
粉量:中細挽 48g
できあがり量:3~4人前(500cc)

フィルターのチャック留め部分を交互に折り曲げ、ドリッパー内部にピッタリはめ込む。

ペーパーフィルターに粉を入れ上部を平らにし、中央にすり鉢状の穴を作る。

500円玉大の円を描くようにお湯を細く注ぎ、粉全体をしめらせて30秒蒸らす。

中心から円を描きながら3人分のお湯を目盛りまで一気に注ぐ。

ポットにお湯が落ちきったらフィルターを外す。
(ポットに抽出される量は2人分の目盛りです。)

4人分の目盛りになるように氷を入れ、一気に冷却して完成!

おいしいコーヒーをいれる基本

コーヒーをおいしく楽しむためのポイント
コーヒーは、きちんとつき合えば、きちんとおいしく応えてくれます。
基本的な心づかいを、もう1度チェックしてみましょう。

できるだけ新鮮なコーヒーを

焙煎したてのコーヒーほど、豊かな香りと味わいをお楽しみいただけます。開封後は、密閉容器に入れ冷蔵庫に保存した上で、コーヒー粉の場合は1週間以内に飲みきるようにしてください。

湯温にも注意を

コーヒーの抽出にも適温があります。お湯の温度が高すぎたり、低すぎたりしてもおいしいコーヒーは抽出できません。適温は93℃。沸騰したら火を止めて約1分間おくと、だいたいこの温度になります。

粉の粗さ・粉量は器具にあわせて正確に

器具により使用するコーヒーの粉の粗さも、粉量も異なります。メリタ・カリタ・コーヒーメーカーなど、器具にあわせた正しい粉の粗さと粉量で抽出してください。

おいしさのポイントは「蒸らし」

最初のコーヒーを蒸らすか、蒸らさないかによって、コーヒーのおいしさは大きく左右されます。30秒の蒸らし時間がコーヒーのコクと香り、そして甘味を引き出します。

水にも注意を

使用する水はカルキを抜くため、必ず沸騰させた水道水を使用してください。また、浄水器を通した水道水や軟水のミネラルウォーターを使用すれば、おいしさも一層引き立ちます。