FC加盟のプロセス

個別面談

ドトールコーヒーショップ(以下、DCS)経営を希望する方を対象に、ドトールの理念や出店するにあたっての心構えなどを説明します。

ディスカッション

出店希望者とドトールの開発担当者との打ち合わせを通じて、DCSの特徴などを学んでいただきます。

店舗見学

最寄駅や、沿線に点在する既存店舗や新店の環境・構造を見学し、店舗見学レポートを提出していただきます。

出店者登録

店舗開発本部で資金確認、出店意思の確認をとり、会社概要、資産内容を記した出店者登録を行います。

物件情報収集

出店戦略エリアを決め、自らの足で情報を収集し、開発担当者に相談しながら物件を絞り込んでいきます。

立地調査

開発担当者にレクチャーを受け、物件の周辺環境と時間帯別、曜日別の店前流動数を客層ごとに数値化します。

事業計画書作成

開発担当者より、既存類似店舗のデータを開示するとともに、検討物件の現地調査を行ったうえで投資額を算出し、事業計画書を作成します。

出店意思決定

事業計画書に対し、リスクを認識した上での最終意思を決定していただきます。その後、本部での出店稟議承認を行います。

物件確保と加盟契約

賃貸借契約書の内容確認、家主環境の確認(謄本入手等)を行った後、賃貸借契約および加盟契約を行います。

打ち合わせ

図面作成・設計担当者、担当のショップコンサルタントと店舗物件についての打ち合わせを行い、設計管理請負契約を締結します。

研修・トレーニング

ドトールコーヒーの教育機関・IRP経営学院で22日間の研修を受講し(受講料20万円・税別)、経営ノウハウを学びます。

工事

30~40日間の工事の後、厨房機器を搬入し、出店者・施工業者・設計管理担当者との間で竣工確認を行います。

グランドオープン

パートアルバイトの採用、約3日間の本格的なトレーニングを経た後、ついにグランドオープンとなります。