数値を分析し問題を指摘するだけでなく、成果につながる貢献でなければならない

長谷川 知弘

Tomohiro Hasegawa

管理統括本部 経営管理部 部長

2000年 中途入社

Profile工学部の出身。専攻を活かし電子部品メーカーの研究開発職に就職を決めたが、本当にやりたいことは、アルバイト時代に経験したお客様と接する仕事と知り退職。行列のできる人気のお好み焼き屋に弟子入りするが、個人経営の物足りなさを感じる。そんな時、ドトールの求人広告と出会う。独自の仕組みで規模を大きくしている飲食ビジネスに興味を持つ。ドトールでは、店舗スタッフに始まり店長、SV(スーパーバイザー)、課長代理までを経験するが、新たなチャレンジの場を求め、再びメーカーに転職。しかしそこで、あらためてドトールの良さに気づき再就職を果たす。 ドトールに骨を埋める覚悟を決めると同時に、飲食業のステイタスを高めたいという野望を持つ。

現場改善を促す社内コンサルティング的な役割

経営管理課では、全社的な売上・利益の予算計画を策定しています。また、予算と実績を比較して、目標に達していない場合にはその原因を分析し、対策を考え支援するという、社内コンサルティング的な役割も行っています。
すべての業態の実績数値を毎日確認し、売上、客数、単価、人件費、ロス率などの数値をウォッチしながらその変化に着目し、現場で起きている問題を想像します。ときには、現場にまで足を運び、そこで1日を過ごし、自分の目で事実を確認します。
例えば、作業効率を下げるような問題が日常化してしまっている場合、店長やSV(スーパーバイザー)がそのことに気づいていない場合もあります。また、ありがちなのが、「だろう」という推測や思い込みを、事実認識してしまうケースです。自分が感じたことなのか、数値に基づく客観的な事実なのか。これはドトールのSV時代に身に付けた思考です。当時の上司が事実を重視する厳しい方で、「一つ一つの細かいことを言う人だ」と思っていましたが、転職をし、あらゆる会社で通用する大事な考え方だと気づきました。

自分の支援が成果として数値に表れた時喜びを感じる

会社の組織を店舗系と管理系に分けたとき、店舗系のスタッフは売上など会社収益に直接貢献します。経営管理のような管理系のスタッフが、店舗系に劣らぬ貢献をするのであれば、数字を見て分析をし、問題点を指摘するだけでは十分ではない、というのが私の考え方です。
私も店舗経験がありますので、どうすれば現場の役に立てるか、どうすれば結果が出せるか、改善のためにどんな行動をすればいいのか。少しでも成果につながる貢献をしたいですし、そうでなければならない、と常にこだわっています。自分の行動が現場での改善を推し進め、成果として数値に表れた時には、とても大きな喜びを感じます。
また、全社的な高い視点、広い視野を持ち、世の中の急激な変化に対応していくためには、勉強し続けなければ対応できないと思っています。会社から与えられた研修だけでなく、ビジネス関係の本を読んだり、外部の研修やセミナーに参加したり、自己投資は惜しみなくしています。ドトールにはもっと勉強するカルチャーがあっていいと思いますし、そういう文化を作りたいですね。

マネジメントを早期に経験できることは大きな財産になる

就職先としてのドトールのメリットは、マネジメントを早期に経験できることだと思います。マネジメント関連の書籍は実に多く出版されていますが、それは世の中のニーズが多いからに他なりません。マネジメントは本を読んで簡単に出来るようになるものではなく、何より経験が物を言います。店舗は小さな世界ですが、エッセンスがすべて詰まっています。店長としてトライ&エラーを繰り返しながら積んだ経験は大きな財産になり、知識以上のものも得られるでしょう。
また飲食業は人と関わる場面が多いのが特徴です。お客様、社内、社外とのコミュニケーションの量は、メーカーの比じゃないくらい多いので、働く仲間と一緒に成長する、同じ目標に向かって進んでいくチームワークを実感できる環境でもあります。
また、ドトールには多様性があります。自分と同じ意見、違う意見、多彩な価値観、個性が存在します。セクションの枠を超えて気軽に話もできます。一度ドトールを退職し距離を置いた時、会社のさまざまな魅力を再発見しました。そして何より、会社の価値観や方向性が、自分の考え方にマッチしていることに、あらためて気づかされました。

1日の流れ

8 : 00 EXC事業本部との会議(前日実績および強化項目)
9 : 00 前日実績の数値確認
9 : 30 稟議書確認
10 : 00 分析業務(投資効果の分析、PL管理など)
※PL=損益計算書
12 : 00 ランチ
13 : 00 分析業務
14 : 00 各部門予算管理担当者との打ち合わせ(収支見込および月次PL分析)
16 : 00 社長との打ち合わせ(全社課題)
18 : 00 退社

キャリアステップ

1998年 部品メーカー入社 研究開発
1999年 お好み焼き店で修行
2000年 (株)ドトールコーヒー入社。直営統括本部のRC運営課に配属
2000年 店舗社員としてDCS心斎橋1丁目店を経験
2000年 DCS京都四条通り北店、DCS心斎橋1丁目店の店長を経験
2001年 西日本事業部 RC運営課 スーパーバイザー
2004年 西日本事業部 RC運営課 主任
2007年 西日本事業部 FC運営課 係長
2008年 西日本事業部 RC運営課 課長代理
2008年 メーカーの営業部門に転職
2011年 (株)ドトールコーヒーに再就職。経営管理部 経営管理課
2013年 経営管理部 経営管理課 課長に昇進
2017年 管理統括本部 経営管理部 部長に昇進